太陽光発電はここ数年注目されている発電の方法ですが、実はその歴史はかなり古いものとなっています。
その中でも研究・開発の歴史があるのがシャープです。
つまり、実績がある太陽光パネルの製造メーカーと言えます。

シャープの太陽光発電には、いくつかの魅力があります。
その一つが、価格面です。
シャープの場合、パネルの素材が多結晶シリコンとなっています。
これは、単結晶シリコンやハイブリッドタイプの物と比べると、低コストで作る事ができます。
その為、単結晶などをメインに使っているメーカーに比べると、パネルそのものの価格が安くなります。
従って、シャープの太陽光発電を利用した場合、単結晶のメーカーのパネルを利用した時よりも導入費用が安くなります。

さらに、性能面でも魅力があります。
その一つが、低反射です。
太陽光発電を行う場合、パネルに当たった太陽光はすべて吸収されるわけではありません。
大半は反射してしまい、結局その分は無駄になっている状態です。
シャープの場合は低反射ガラスを採用しているので、従来の物に比べると光の吸収率が高まっています。
その為、多結晶シリコンのタイプは一般的に単結晶に比べると発電効率が低めとされますが、その点をかなりカバーする事が出来ています。
現在、その発電効率は世界トップクラスです。

もう一つが、形状の面です。
シャープの場合、屋根の形状に合わせたパネルの配置をすることができます。
パネルの形が四角形だけでなく、三角形の物もあるからです。
無駄なスペースができにくいので、屋根の大きさがあまりないお宅でも、さらに三角家の屋根のお宅であっても、そのスペースをかなり有効に活用して発電する事が可能です。

価格面で、さらに性能面から言っても、シャープの太陽光発電はかなり充実しています。
また、ただ安いだけでなく、コストパフォーマンスに優れた製品です。
実績もあり、製品の保証期間も長いので、安心して使う事ができます。