かつて、太陽光発電が生まれた時には、事業を手掛ける企業はほんの数社しかなかったと記憶しています。
その先駆けとなった会社は、今もソーラー発電事業で定評がありますから、さきがけとしての実績を評価して選ぶということも、太陽光発電の導入に失敗しないためには重要な要素だと思います。
とはいうものの、海外勢の猛追もあって、日本の太陽光発電事業に新たに参入する企業も増えてきました。
海外との特徴の違いなども調べて、どこがどう違うかをしっかり理解する必要が出てきたと思います。
とはいうものの、海外よりは日本国内の太陽光発電システムを導入したいという気持ちを持っています。
そこは日本製の品質が海外勢よりも優れていると信じたいところですし、アフターサービスの点においても海外よりも安心です。
おそらく海外勢もアフターサービスにおいては各国に対応窓口を持ってはいるでしょうが、それでも心配は残ります。
何よりも故障しないことが一番なのですから、品質に自信を持っている日本企業の中から選びたいものです。
太陽光発電の導入はソーラーパネルを設置すればいいだけでなく、ソーラーパネルで集めた光を電力に替えなければなりません。
そのための機器は蓄電池の性能など、さまざまな点で考慮し、最高の組み合わせを考える必要があります。
トータルバランスがよく、しかも10年で投資した設備費用が回収できるような失敗のない太陽光発電の導入をしたいものです。