太陽光発電とは屋根に太陽電池を取り付け太陽の光で作られる電気のことです。
作られた電気は家庭で使用することは、もちろん、あまった電気は電力会社が買い取ってくれます。
もしも停電になったときも安心です。
太陽が出ていれば電気を使うことができます。
太陽光発電は環境に優しく、お財布にも優しいシステムです。
太陽光発電を企業や各家庭が取り付けたとしたらどのような効果があるのでしょうか。
まず、光熱費を節約することができます。
さらに太陽光発電とオール電化を組み合わせれば発電した電気を有効に使うことができます。
その差は電気と都市ガスの組み合わせより上記の組み合わせの方が約80パーセントも削減できる計算になります。
大幅にカットした電気があまったら電力会社に売ることもできます。
面倒な手続きや作業は一切ありません。
電力会社より太陽光発電を取り付けた個人の口座に自動的に入金されます。
また太陽光発電を設置するとパネルが断熱効果を生み、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。
さらにリアルタイムで電気の使用状況が分かる電力モニターも設置されるため電気代が効果的に節約できます。
しかし便利で使いやすい反面、太陽光発電の価格が高いことや天候に左右されやすいこと、電気を貯めておくことができないことなどのデメリットもあります。
また国の補助金制度があり平成25年3月末までの申請までは、お得ですが、それ以降は打ち切りになります。
このことを踏まえて賢く利用したいものです。