太陽光発電システムを自宅に設置する事により期待できる経済的な利点は主に2点あるでしょう。
直接家計費に影響を与える目に見える利点は、太陽光発電システムが発電した電気の自宅で使いきれなかった余剰分を、電力会社が買い取らなければならないと法律で定められたために確約されている売電収入です。
愛知県内にお住まいで太陽光発電システムを自宅に設置した方は、中部電力と契約して余剰電力買取制度を活用する事ができるでしょう。
余剰電力の買取価格については定期的に見直す事と法律で定められていますが、太陽光発電システム設置から10年間は常に同じ単価で買い取りがされます。
もう一つの利点は、家族一人一人の節電意識の高まりによる電気使用量の削減効果が期待できるでしょう。
太陽光発電システムには発電システムが稼動している時の電力発電量と、自宅内で消費している使用電力量がリアルタイムで表示されるモニターが付属します。
モニターを家族が見えるところに設置する事により、節電意識が高まるでしょう。