太陽光発電つきの家などが最近ブームになっています。
新築を建てる際、色々な住宅メーカーの商品がありますが、太陽光発電つきプランがどんどん増えてきています。
それに分かるように、太陽光発電は今やとても高いニーズがあるのです。
新築を建てる時に太陽光発電をつけることは、様々なメリットがあり、太陽光発電を最大限無駄なく使うことができます。
まずは、新築の段階で太陽光発電を設置することを検討している場合、家を建てる方角(屋根の向き)や家の屋根の形状などを最初から考慮することができます。
近くに大きな建物がある場合、隣家との距離が近い場合、どのようにすれば最も効率的に太陽光を発電することができるかを考慮して、家を建てることができるので、後付よりも失敗が極端に少なくて済みます。
さらに、太陽光発電を十分に使うために、オール電化にしたり、より省エネ効果の高い設備を入れることができます。
さらに、大きな住宅メーカーの場合、色々な業者と提携しているため、太陽光発電キャンペーンなどを利用することもできます。
新築を建てる時にパネル代を無料にしてもらえたり、より高いグレードのパネルを標準価格で設置してもらえたりと、後付よりも格段に安くお得に設置することができる可能性が高いのです。
また、補助金の申請なども、自分でする必要がなく、住宅メーカーが提出資料を作成、施主はサインすれば後はメーカー側が申請してくれることも多いのです。
このように新築の際には太陽光発電をつけるメリットがたくさんあります。