私は自分の家には太陽光発電パネルは付いてませんが、私の息子の家に立派な太陽光発電パネルが付いています。
それは私が息子の為にプレゼントしたものであり、太陽光発電パネルのプレゼントなんて珍しいと思われるかもしれませんが、
相手の方が欲しがっている場合は本当に喜ばれるプレゼントとなってくれます。
もちろん相手の方の好みによって欲しいパネルは違うと思いますから、
パネルのカタログなどを手渡してあげる事が大切です。
私が息子に太陽光発電パネルをプレゼントする事になったきっかけは、
息子夫婦が結婚十周年を迎えて名古屋市に新居を構える事になった為です。
子供達も増えてきて今まで住んでいた家が狭くなったから引っ越す事にしたらしいのですが、
将来私たち夫婦も一緒に住める様にと広い目の家を購入したらしく、
実際に見ても相当高い買い物だったろうと心配になるほどでした。
息子に聞いてみると、広い家を購入する為に色々と妥協した部分もあるらしく、
中でも最後まで妥協するべきか迷ったのが太陽光発電パネルの設置らしいです。
新居を購入すると同時に太陽光発電パネルを設置しておけば、
消費電力を気にせずストレスが溜まらない新居生活を満喫出来ると期待していたらしく、
本当に太陽光発電パネルが欲しかった様に見えて思わず息子にプレゼントしたくなってしまいました。
私が息子に太陽光発電パネルをプレゼントしたくなった理由はそれだけではなく、
息子が大きな新居を構えたのは将来的に私たち夫婦も一緒に住める様にという理由だったのが嬉しく、
そのお礼として太陽光発電パネルのカタログを息子夫婦に郵送で届けてあげました。
それを受け取った息子は本当に驚いた様に電話で連絡してくれてので、
私は気にせず受け取っておきなさいと言って太陽光発電パネルの設置費用を肩代わりしてあげました。
息子夫婦が大変喜んでくれたというのも嬉しかったですが、
新しい家の屋根についたパネルを見て孫たちも格好良いと喜んでくれたのは更に嬉しかったです。