年間の日照時間が長い愛知では、太陽光発電の導入が増えています。
積極的に環境問題に取り組んでいることもあり、県庁西庁舎前に太陽光発電施設が設置されています。
太陽光発電とは、ソーラーパネルを使い太陽の光りを直接電気に替える発電方法です。
自然エネルギーを利用しているので、環境にとても優しいです。
石油などの化石燃料を消費せず、温室効果ガスも出ないので、温暖化防止にも貢献していると言えるでしょう。
ソーラーパネルは後付けで設置することが出来、寄棟や平屋根や切妻など、どんな屋根の形状にも合わせて設置することが可能です。
そして最も魅力的なのが、自宅で今の電力状態を見ることが出来ることです。
電気使用量やCO2削減量を自身の目で確認して生活することで、エコ意識もより高まることでしょう。
また住宅用太陽光発電を導入する個人に対して、導入にかかる費用の一部を県が補助してくれる制度があります。
補助金制度により購入時の負担も軽くなります。
それだけ太陽光発電は注目されているのです。