豊田市でも、みなさん焦って太陽光発電機器を付けておられます。
売電単価が下がることや自治体などの補助金が減るだろうと言うこと、消費税が上がるだろうから、機器代金も上がるという考えで、少しでも早く、そして安くと言う思いが強いのでしょう。
私が太陽光発電設置をしたときは、売電単価が下がらない内にということや補助金がいつまでだから、次には補助が出ないかもしれないとか、機器の価格は今が一番低いなどという設置業者の言葉に、焦って、すぐに飛びつきましたから、その気持ちはよく解ります。
けれども、そのときは国の1kシステムあたり7万円で、自治体の補助は全くなし、売電単価は48円でした。
4、3k強のシステムで、210万円、毎月の売電は、2万円前後です。
今は、国の補助金が少ないと言っても、住む場所によっては、国と県や都、地域の自治体と三カ所から補助を受けられるところもありますし、設置業者の中には、自治体が出ない分、値引きをするというところもあります。
そうなると機器代金はさらに安くなりますし、少々の売電価格や国の補助の現象などたいしたことにはなりません。
それよりも、優良な設置業者を見つけるために時間を費やすことです。
その時間も無駄だと思い、焦り、どこでも良いから付けてもらったという場合は、後々後悔しますし、金額面でトータルして得だったかというとそうでもないことの方が多いのです。
私自身も、たまたま屋根環境が良かったために、売電が高いのですが、もう少し業者選びをきちんとして、安価で優れた機器を優良な設置業者でしていれば、例え国の補助や売電単価が下がった時期になっていたとしても、今よりも利益があります。
後で調べてみると、優良な設置業者の機器代金とは何十万円もの差があったからです。
そうしていれば、費用の回収年数もその方が2年は短くなりました。
だから、これから取り付ける人は、セールスの早くしないとの言葉に惑わされずに、実績のある豊田市の設置業者に優れた機器を安価に設置してもらうために情報収集をしてからという方が良いでしょう。