最近、国や自治体を上げて太陽光発電システムを導入する動きがみられます。
この理由としては、従来の発電方法ではその発電時に二酸化炭素などの地球温暖化を促進してしまう物質を排出するため環境に悪いということが挙げられます。
そこで、より環境に配慮した発電方法である太陽光発電が脚光を浴びています。
自治体が太陽光発電システムの導入を促進する方法としては、個人や法人が住宅用太陽光発電システムや事業用太陽光発電システムを導入する際に補助金を支出したり、自治体自体が大規模太陽光発電所、いわゆるメガソーラー発電所を設置したりすることが挙げられます。
愛知県豊橋市も同様で、太陽光発電システムを新たに設置する個人や法人向けに補助金支出の予算枠を設けています。
また、その所有する土地を利用して、メガソーラー発電所の設置も新たに議決されました。
このメガソーラー発電所の年間想定発電量は一般家庭に換算すると約300世帯分の発電量となります。
1年で540トンの二酸化炭素排出削減が見込まれるため、地球温暖化の防止に寄与することができます。