愛知県には『メガソーラーたけとよ』と呼ばれる、
中部地方では最大の太陽光発電施設があります。
広さはなんと、ナゴヤドーム3つ分の広さがあります。
その広大な敷地に太陽光パネルが並んでいる姿は圧巻です。
この施設では、施設見学を行うことができ太陽光発電のしくみや
地球温暖化の問題点等を学ぶことができます。
このように、現在クリーンなCO2を排出しない発電方法が注目を集め
日本全国でこのような動きが活発に起こっています。
また最近のニュースでは愛知県と三重県の間に位置する
広大な干拓地を有効活用しようと、
大規模な太陽光発電施設の設置が着々と進められています。
太陽光発電は、将来的には世界中で火力や原子力に変わる
発電機構の主人公になることは間違いありません。
このまま研究開発がさらに進み高効率の太陽光発電が開発され、
また同時に各家庭にも太陽光発電が広がれば、
日本の社会は大きく変わります。
現在、家庭用の太陽光発電システムの新規設置には
行政から補助金が出ますので、個人でも非常に導入しやすい制度が整ってきています。